<!-- [FC2 Analyzer] -->
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
亀の受難  06/08/2006  
前回ちらっと書いた「ひからびたカエルや亀」…
動揺のあまり背景を説明していなかったので本日は散歩道の事をば

kusaooi

草多すぎや~ん

私達は中途半端な田舎に住んでいます(笑)
いつもの散歩道は川沿い
川と言っても工場多し住宅多しの環境なのであまり水は綺麗とは言えない
だがそんな環境にも負けず亀や鴨の野鳥類、雉にもよく出くわしたりします
時々アルやんがガッツリ立ち止まり「くんかくんか」して呼んでも来ない場合大体そこにいます



20cm位の大きな亀が

kame
今忙しいのよ何か!?


少し前まで産卵期だったようで
死にものぐるいで川を上がり、蛇の毒牙を抜け土手を這い登り
薮に身を潜め、車やジョギング中の人々や散歩中のハイパーなガウガウ犬をやりすごし民家の庭や畑で卵を産みに来ます。そして卵が孵化して外に出る頃、そのお宅の飼い犬『ガウガウ チャッピーちゃん5才』に、食べもせんのにガウガウと遊ばれ死んで干涸びていきます。

亀よ…もうちょっと他のとこで産めんかったのか…
その命がけのサバイバルの結末がこれかい…
何でよりによって犬がいるお宅の庭に…(その近辺での亀遭遇率が多い)

朝からちょっぴりセンチになりながら帰宅

だがしかし年々増えてゆく鴨や雉を見ながら


「うまそ~(゛。`〃)」


とか言う私は人間失格?
sanpo
……‥
スポンサーサイト
バセット・ハウンド | アルルさん  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://arlequin.blog12.fc2.com/tb.php/4-9c1b3837

プロフィール

カレンダー(月別)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールフォーム

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

星が見える名言集100

リンクリスト

リンクリスト2

動物愛護団体リンク